【スポルティングCP】ジョゼ・アルバラーデでELを観戦してきた!

観戦レポ

ディエゴ・スポーツトラベル第4弾!

今回の会場は、スポルティングのホーム「ジョゼ・アルバラーデ」です!

首都にあるジョゼ・アルバラーデ

閑静な地域にあるジョゼ・アルバラーデ。

試合開催日ではない日にスタジアムに行くとものすごく静かなスタジアムです。

最近は、カップ戦で下部リーグ相手に敗北を喫したりとあまりチーム状態もよくないスポルティング。

そのため、試合日もサポーターの入りがあまりよくない模様です。

5万人収容可能なアルバラーデで、3万人の入りは少し寂しいものがあります。

なの知れた選手が多いクラブなので、自信を取り戻せば
きっと面白くなるはず…!

アルバラーデの行き方

アルバラーデは、リスボン県のアルバラーデにあります。

このスタジアムの行き方は注意が必要。

アルバラーデという駅があるのですが、アルバラーデ駅が下車駅ではありません!


Lisboa metro map

最寄駅は、Campo Grandeとなります。

この駅を降りると目の前にアルバラーデは現れます。

バス停もあるので、バスで行くことも可能。

メトロ/バス1回券は、1.5€。しかし初回はICカードを購入する必要があるので
2€払う必要があります。

ICカードというものの紙製。かなり脆いカードです。笑


このスタジアムも駅にはお店がありますし、アルバラーデ内にもちょっとした商業施設があります。

なんとこのスタジアム…映画館まであるというね。

ベンフィカ然り、スタジアムを中心に街ができているような気がします。

2000年代に新しくできたスタジアムだけあるのでしょうかね。


チケットの確保はかなり簡単

最近スタジアムが満員になることは少ないアルバラーデ。

チケットの入手は当日でもかなり簡単にできます。

このスタジアムでチケットを取るコツは1つ。

「なんじゃい!この余計なスペースは…!」

サッカー専用の醍醐味を大幅に消したスタジアムとなっています。

座席10列分ぐらいの距離がピッチとあります。

そして、1列目を選ぶと座席の低さと壁の高さで意外と見難そうでした。

ここでの良席となるとゴール裏、もしくはメインスタンド中央上段でしょう。

ちょっと期待していただけに残念。


ジョゼ・アルバラーデに到着!

Campo Grande駅に到着!帰りの混雑も見越して、帰りの切符もチャージ。

駅から出ると、まずはバス停にでます。

サポーターと一緒に適当に道を横断しちゃってください。笑

この辺りから既に公式?非公式?のマフラーを売っている人に遭遇。


バス停を超えると大きめのグッズ売り場

かなりのスポルティンググッズが売っていました。

マフラー広げてる人、前歯が全部なくてなんか怖かった。笑



Porta1がメインスタンド。

porta3〜4が、メトロの駅あたりになります。


スタジアムストアは、メインスタンド側


メトロの駅を降りて、右回りでいくとスタジアムストアにたどり着きます。

スポルティンググッズは、結構豊富。

シャツなんか結構普段使いできるのじゃないかなと思うほど。


40€程度でシャツ購入できるので、少し購入を考えています。

もちろんユニフォームもありますよ!

ユニフォームは1着 80€でした。ネームを入れたりするともう少し上がるかと。


アルバラーデへ入場!

入場の時に手荷物検査を受けます。

できる限り軽装で行かれることをお勧めします。


入場ゲートでQRコードを機械にかざし入場することとなります。

QRを読み取らせるときは、スマホ画面の明るさ最大で!

スポルティング「チケット」


スタジアムきたーーーー!

キックオフ1時間前から入場は可能です。1時間前にいくと誰もいない。笑

ということで売店を物色してみましょう。


メニュー

小さい売店と大きい売店では売られてるものが少し変わるみたいです。

簡易の売店

備え付けの売店

熱狂的なサポーターはゴール裏!

メインスタンドから見て右側に熱狂的なサポーターは陣取ります。

これ、どういう意味なんだ?とちょっと気になった1枚


試合はちょっと遠かった…


専用スタジアムだー!の期待を見事に外してくれました。

前述の通り、上段の座席が見やすそうでした。

前方に全然人がいなかった。


煙モクモク

ヨーロッパのスタジアムは未だ喫煙できるスタジアムが多く

アルバラーデもその一つ。

試合内容が今一つだったせいもあるのか、ものすごくタバコ臭かった。

タバコが苦手な人は、マスクを持参することをお勧めします。

特に水タバコの煙がすっごい。笑


観客数はちょっと寂しかった

このスタジアムは約5万人収容なので半分は入っているのですが、

リスボンにあるチームだからこそもう少し観客がほしいなと思いました。

リーグ戦と違って平日なのでこの人数なのは仕方ないのかもしれませんね。


リスボンでも夜は寒い

前日に続き、この日も8時キックオフのナイトゲーム

やはり寒かったです。

上に1枚羽織るものがあれば良いと思います。

ダウンが必要なレベルではありませんでしたが、ちょっと肌寒かった。

日中と違って、気温が下がるのでご注意ください。


私が感じたアルバラーデ

外観を見る限りいいスタジアムなんだろうな〜!

そう思うようなスタジアムですが、中に入ってちょっとガッカリ。

ELだったからかもしれませんが、スタジアムに熱がありませんでした。

チームもスタンドも自信をなくしてる感じ。

いいスタジアムであることは間違い無いのでそこを取り戻してほしい

そう感じる、アルバラーデ観戦でした。

チーム状況が変わってこれば、面白いのハマチがいないので

頑張ってくれーーー!と思いましたね。

サポーター同士が殴り合いして、ザワザワしていたり

チームの雰囲気ってここまで影響するのかと。



このマスコット見て、ドーナツが食べたくなった私でした。


以上、ディエゴスポーツトラベル第4弾

スポルティングのホーム「ジョゼ・アルバラーデ」からでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました